マナー

ノルディックウォーキング・マナー

ノルディックウォーキングは二本のポールを持ち、公共の場を歩きます。ポールの取り扱いには十分注意しましょう。思わぬ事故につながらないように、周囲への配慮を忘れず、安全に楽しく歩きましょう。

ポールを差し棒にしない
突然、長いポールを振り上げると、歩行者や自転車などにぶつかり大変危険です。
「あれを見て」と言って、ポールを差し棒にしないよう気を付けましょう。
ポールを外して行うこと
ポールを持って以下のことを行うと、他の人や物などにぶつかり危険です。
ポールを外してから行いましょう。
*水を飲む
*靴ひもを結ぶ
*ウエストポーチやリュックから物を出し入れする
すれ違う時は道を譲る
前後から歩行者や自転車などが近づいてきたら、ポールを前にそろえて持ちます。
すれ違う時に、歩行者や自転車などとぶつからないよう、道を譲りましょう。
グループで歩く時の注意
一列になって歩くのが基本です。
広がって歩くと他の人の迷惑になりますので、気を付けましょう。
列の途中で横断する人がいたら、道を譲りましょう。
ゴミのポイ捨ては禁止
自分で出したごみは、きちんと持ち帰ります。
公共の場を大切にし、気持ち良く歩きましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする