見どころ

①いろは親水公園コース

⑨桜堤コース

♦引又観音堂

(所在地 本町二丁目 新河岸川

・柳瀬川合流地点右岸)

☆この観音堂は1967年(昭和42年)

に造られたものです。

この付近にあった聖観音と二体の馬頭観音像を

合わせて安置したものです。

≫聖観音は1687年(元禄十丁丑)正月吉日、

≫馬頭観音は1769年(明和己丑)9月廿三日、

と彫られている、他の一体は年代不詳です。

この付近は新河岸川の舟運時に「引又河岸」

があり、何らかの関係者の供養の為に造立と

思われます。

堂内の中央が聖観音像で両脇が馬頭観音像です。

今でも観音堂には供花が絶えません。


♦引又川河岸場跡

(所在地 本町二丁目 新河岸川

・柳瀬川合流地点右

☆新河岸川の舟運は1638年(寛永15年)

川越大火により焼失した喜多院、

仙波東照宮の再建用資材の運搬が始まりと

言われています。

1920年(大正19年)の河川改修により水量が減り

1931年(昭和6年)の「通運停止令」により廃止。

最盛期の商圏は近隣、近在だけでなく、

所沢、八王子、遠くは甲州にまで及び

ました。

又、熱海から樽詰めされた、温泉水が引又河岸

を経由し町内や所沢方面の資産家宅にも

届けられたとも言われています。

今では往年の賑わい、面影すら感じられないが

新河岸川舟運の数ある河岸場の中では

有力な存在でした。


♦田子山富士塚

(所在地 本町二丁目9番 敷島神社境内

♠国指定重要有形民俗文化財

☆1872年(明治5年)に築造された富士塚です。

2020年(令和2年)「国指定重要有形民俗文化財」

の指定を受けました。

県内における富士塚は木曽呂富士(川口市)に次いで

二例目の国指定重要有形文化財になります。

築造のキッカケは高須庄吉が田子山塚で

発見した「逆修の板碑」でした。

この「板碑」は浅間下社のご神体として

祀られています。

登拝可能日は開帳され、直接拝する事ができます。

頂上の奥宮には、木花開耶姫の祠があり天候に

よっては、霊峰富士山を眺めることができます。

市内唯一の、パワースポットとして年始の初登拝

には1000名を超える善男善女で賑わいます。

ボランティアによる案内も行われています。

≫(登拝は、事前に確認をお薦めします。)


♦旧村山快哉堂

(所在地 中宗岡五丁目1番 

いろは親水公園中州ゾーン)

♠志木市指定有形文化財

☆1877年(明治10年)市内本町に

建築された木造二階建て土蔵造作りの

「店蔵」です。

各種家伝薬の製造、販売「薬店」として

営業していました。

☆1955年(平成7年)に解体保存

・2001年に現在地に移築復元

ボランティアによる季節ごとのイベントも

開催され、建物の案内も行われています。

≫(案内の実施日は事前に確認をお薦めします)


②いろは橋・袋橋コース

③宗岡コース

♦菖蒲沼の三面六臂の馬頭観音

(所在地 宗岡6133-1 荒川河川敷内)

♠志木市指定民俗文化財

☆1683年(天和3年)宗岡村念仏講と

記銘があります。

この三面六臂の馬頭観音は河川敷にあり、

彫も良く風化が進む前に

一見の価値があります。

近在にあった馬頭観音の文字塔をあわせて

「菖蒲沼馬頭観音群」となっています。

馬頭観音は馬が草を食むように煩悩を食い

尽くし苦悩や災難を打ち砕く事を願った

観音菩薩の変化身であるが、いつからか馬の供養

の為にも造立される様になりました。

この「菖蒲沼馬頭観音群」の下流には、

さらに多くの馬頭観音像・文字塔を集めた

「大割馬頭観音群」があります。


♦上の氷川神社 (所在地 上宗岡2-2-34)

★須佐之男命の漆喰絵馬

☆創建は1078年(承歴2年)と言われています。

武蔵一之宮の氷川神社を分祀したものです。

祭神は須佐之男命(スサノオノミコト)。

1351年(観応2年)に下の氷川神社の

建立時に茶臼石の上部を「下の氷川神社」

に分けて社殿の床下に埋めた

と言われています。

(なお 茶臼石の下部は 上の氷川神社に

残っています。)又、上の氷川神社は南向きに

建てられ、下の氷川神社は北向きに

建てられています。

なぜならその間に住む宗岡地域の

氏子の末永い加護を願った強い思い

あったと思われます。

参拝時には社殿の外側に掲げられている

市内で唯一の「漆喰絵馬」があります。

ぜひとも見ておきたいものです。


♦産財氷川神社<中の氷川神社>

(所在地 中宗岡2-29)

♠志木市指定有形文化財(本殿)  

              

 ★本殿の彫刻

☆創建は1429年~1441年(永享年間)

と言われています。

武蔵一之宮の氷川神社を分祀したものです。

祭神は須佐之男命(スサノオノミコト)

本殿には鯉の滝登り、下り龍等の

彫刻が随所に施されており意匠的に

優れた建物です。

但し 本殿の周囲には板塀があり、

直接触れることは出来ません。

板塀の隙間からの見学は可能です。

また隣接地には1892年(明治25年)

に築造された御嶽山があります。

<個人所有>


♦天神社(所在地 中宗岡1-4)

☆創建は不詳

江戸の湯島天神を分祀したと言われています

諸説があります。祭神は菅原道真、

本殿脇に「水神宮」の碑が建っています。

筆者は「神山雲眠」です。神山雲眠は

江戸時代末期の書家です。

「龍眠」に師事し技量が優れていたため

「龍眠門下の三民」の一人と言われました。

また「水神宮」石碑の隣には

「大講義高美玉姫命」の碑があります。

がこれは天神社の隣地(現、しびらきホーム)

に建っていた御嶽教の「普寛堂」に居た

行者の神霊碑を移設したもので天神社とは

関係がありません。


④西原コース

⑤幸町・館コース

♦鎌倉街道の跡(所在地 幸町2)

☆鎌倉街道の幹線道路としては、上道、

中道、下道が有名です。

このうち埼玉県内を通過しているのは

上道と中道の二本です。

ここの「街道の跡」は上道と中道を結ぶ

脇道の様な位置づけであったと思われます。

しかし、「西原ふれあい第三公園」として

整備された結果、往年の面影は見られない。

又、鎌倉街道と言われる街道は時代の推移

により移動しており大小取り交ぜて多くの

地域で「旧鎌倉街道」または

「旧鎌倉街道跡」が見らます。

「いざ鎌倉へ」と武士が通った歴史があるかも・・・


⑥三日月湖コース

⑦せせらぎの小径コース

♦虚空蔵菩薩(所在地 中宗岡4-4)

♠志木市指定民俗文化財

☆1699年(元禄12年)12月の記銘があります。

虚空蔵菩薩は、無限の知恵と慈愛の心を持ち人々

願いを叶えてくれるとされています。

昔この付近にあった三貫田(虚空蔵)

の池に近在の、目が不自由な子供が嵌って

しまい亡くなったとの事です。

それを悲しんだ一家は眼病に効果があると言われる

菩薩像を建立し娘の供養としたと言われています。

又、山口某と荒井某との決闘にまつわる話にも三貫田

の池が舞台となっています。


♦下の氷川神社(所在地 下宗岡4-2)

☆創建は1351年(観応2年)と言われています。

上の氷川神社を分祀したものです。

祭神は須佐之男命、奇稲田姫命、大己貴命、

社殿前階段脇の「力石」は主に江戸時代~明治時代

にかけて盛んに行われた、村の若者の

「力自慢」や「力試し」に使われた石です。

4個の「力石」のなかには 下宗岡在住の

「荒井某(生死不詳)」が当神社で行った奉納演技

使用しその時に奉納した石もあります。

(但し文字が判読不能の為、石の特定は不可です。)

荒井某は 国内、海外を興行巡業しており

最後の海外巡業の出発前には 60貫(約225㎏)の

力石を持ち上げて 自宅を一周したと言われています。

境内には、野火止用水掘削に功績のある松平信綱と

宗岡地域の用水導入に功績のあつた白井武左衛門

の碑が並んで建っている。

また社殿内には、数多くの「絵馬」が

掲げられています。


⑧本町/柳瀬川周回コース

♦上の水車跡

(所在地 本町6-1 本町三丁目交差点角)

☆玉川上水から分水された、野火止用水を通った

水は引又宿を通り宗岡村にまで達しています。

引又宿には、この用水を利用した三台の

水車があり,上の水車,中の水車、

下の水車、と呼ばれています。

上の水車は1776年(安永5年)の開設と言われ 

引又宿の中では一番新しい水車でした。

水車では製粉、精米等々が行われていました。


♦館氷川神(所在地 柏町3-6)

♠志木市指定有形文化財

(修復記念碑・図像板碑)

☆創建は不詳、祭神は須佐之男命

「図像板碑」は1486年(文明18年)の

日付けがあり、市内唯一です。(非公開)

☆「氷川大明神修復記念碑」は1853年

(嘉永6年)の社殿改築時の建立と思われます

碑の寄進者の多くは「苗字」が記されています。

これは「江戸時代、庶民は苗字を持たない」と

言われた通説を覆した貴重な文化財です。

「氷川大明神修復記念碑」は、本堂に向かい

左側の前面に建っています。

☆境内には富士塚もあり、坂上田村麻呂の

伝説や本来ならば対(二本)の灯籠が一本しか

残っていない(残りの一本は敷島神社です。)

等々見どころ満載。

また神社の入口の鳥居も銅板に覆われて歴史を

感じる事が出来ます。

≫是非、一度は拝すべき神社であります。≪


♦宝幢寺 (所在地 柏町1-10)

☆創建は不詳、

・宗派は、真義真言宗智山派

・本尊は、延命地蔵菩薩

☆市内有数の巨木包まれて本堂があります。

詳細な寺歴は火災での焼失等々の為、

明確ではありません。

本尊は「秘仏」とされ非公開になっています。

志木における「カッパ伝説」の発祥元です。

≫ほっぺの黒いお地蔵様

≫和尚に助けられたカッパ、の伝説が残っています

このカッパの話は1809年(文化6年)の

「寓意草」に初めて見られます。

境内のカッパ像「大門」は、和尚に助けられた

カッパの恩返しをモデルにしています。

三代将軍・家光が「鷹狩り」の時に休憩した

とも言われています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする